自賠責保険は政府の運用する保険で自動車に加入を義務付けられている強制保険です。

交通事故の際に被害者が必ず補償を受けることが出来るように作られた制度で、怪我や死亡に対する補償だけですが必ず使えるように工夫された制度で優れたものといえます。まず普通自動車では車検の際に加入を確認され、加入してからでないと車検を受けることが出来ません。車検のない自動車でも加入は義務付けられ、未加入での運行は思い罰を設定しています。1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金などです。運転免許の点数も6点になっています。また政府保険事業という制度があり、自賠責保険に未加入で事故を起こした場合に自賠責の上限までは政府が補償をすると言う制度があります。この制度があるために無車検車の事故や加害者が分からないひき逃げ事故などでも最低限の補償は受け取ることができるようになっています。またこの制度で政府が立て替えて支払った賠償分は加害者に請求されることになっています。交通事故で起こった被害のうち人身事故に関してはこの様な制度がありますが、それ以外の補償である物損は自賠責保険の対象外ですので、これとは別に任意保険を使わないといけないとことになりますが、これにはもちろん義務はありません。また人身事故でも自賠責保険の範囲は十分なものではなく死亡事故や重い後遺症が残った場合などは自賠責保険の補償の範囲を簡単に越えてしまいます。決してこの保険だけで十分なものであるとは言えないので十分考えて交通事故に備える必要があるといえます。また自賠責保険には過失割合があることも重要です。例えば歩行者を自動車がはねて起こった死亡事故でも歩行者側に過失があればその分だけ補償が割合として減らされます。例えば歩行者が飛び出してきて避けることが出来なかった場合などです。場合によっては自動車側に過失がないという判断もありうるのでその場合には保険が出ないこともあります。