交通事故の被害者となった場合の弁護士を代理人とするメリット

交通事故は道を使用しているだけで、加害者になる可能性も、被害者となる可能性もあります。しかし自分に全く過失がない場合、もしくは歩行者といった圧倒的弱者であった場合、加害者側の保険会社と対峙するのは自分自身になります。自分が自動車保険に加入していたとしても、その保険会社には代理人となることはできません。交渉権もないのです。相手は保険についても、またそれに関する法律の面でもプロフェッショナルです。また交渉術にも長けているでしょう。しかし一般人はそこまで洗練はされていません。ましてや一生のうち何度も起こることではないのですから、初めての経験ということがほとんどでしょう。そのことを相手の保険会社も良く知っていますので、過大なプレッシャーをかけてきます。被害者の立場になって考えるよりも、加入者を守ることが仕事です。出来る限り正当な補償を行うため、時として行き過ぎも見られますし、被害者側の被害が正当に評価されないことも起こります。しかし被害者は渡り合うだけの知識も交渉術も持たないとなれば、丸腰で戦っているのと同じです。「交通事故は遭い損」という話も出てきてしまいます。被害者側が納得できないままに泣き寝入りとなるのはおかしな話です。近頃では被害者側も弁護士に代理人となってもらい、交渉にあたるということが増えてきました。弁護士は依頼人の利益のために動かなければなりません。それがお約束事です。いついかなる場合であっても、自分の味方なのです。しかし弁護士の中にも交通事故の問題に専門性が高く経験値も豊富な弁護士もいれば、その分野を取り扱ったことがない弁護士もいます。依頼する時には、専門的に取り扱っている弁護士を選ばなければなりません。それによって自分が納得できる結果を得られることが可能になります。弁護士報酬についても成功報酬であったり、分割に応じるなど、近頃ではその点に配慮が大きな弁護士事務所も増えています。まずは相談してみることが先決でしょう。