交通事故は突然やってきます。

そして被害者となれば治療費や入院費及び休業損害や精神的慰謝料も相手側に請求可能ですが、相手もいろんな人間がいます。つまり簡単に自分の非を認めずその保険会社との交渉もなかなかすんなりいくとは限りません。大抵の被害者がなかなか示談がうまくいかなくて困る場合が多いのが現状です。こういうときは冷静さが肝心です。保険会社はあくまでも事務屋ですし、できるだけ出費をやすく抑えるのが彼らの仕事なのです。腹が立って怒鳴ったら解決するものでものではありません。できるだけ冷静にこちらの意志を伝えましょう。過失割合はある程度決まっているものですので、それはある部分は甘受するしかないでしょう。交渉がうまくいかずなかなか折り合いが付かない場合は弁護士に頼む手もあります。自分の入っている保険に弁護士特約が付帯していれば弁護士代は無料ですので利用した方がいいかもしれません。交通事故はそれが重大事故になればなるほど、法律知識も必要ですしその場合は弁護士に相談するのもいいでしょう。また交通事故弁護士相談センターなどでは無料で相談してくれるので利用するのもいいです。示談交渉は大抵向こうの保険会社のプロがやってきますので、法律知識に疎い一般人ではなかなか思うような示談金を入手することは難しいかもしれません。それでも論理的に自分の主張と示談金額の相場をはっきりと言えば保険屋と言えども無茶な金額を提示するわけにはいかないでしょう。そのためにはインターネットなどでこれぐらいの交通事故ならばいくらぐらいが相場かとあらかじめ調べておくことも重要です。それでもこちらの主張の半分も通らなければ調停という手段もあり、さらには訴訟という方策もあります。ただ調停も結局は双方合意が基礎であり、それに至らない場合は決裂です。また訴訟も費用と時間がかかるので損得を勘定してやるべきでしょう。なお死亡事故の場合は訴訟に至る場合もあります。